HOME > リースとは

リースとは

 「リース」とは、広い意味で賃貸借取引のことで、一般にはファイナンスリース取引を指します。
 ファイナンスリースとは、お客様の目的・用途に応じ、物件を自由にお選びいただき、機械や設備をリース会社がお客様に代わってメーカーやディーラーから購入し、それをお客様に月々一定のリース料(物件価格・固定資産税・動産保険料・金利等をリース期間で月割りしたもの)で一定期間貸し出すという形をとった賃貸借契約のことでリース期間中に支払われるリース料の合計額が、リース物件の取得価額と付随費用の合計額の全部をまかなっている取引です。
 なお、リース物件の維持・管理等のメンテナンスは、お客様の負担となります。
 お客様のニーズにお答えするため、リース物件はさまざまであり、基本的には中途解約出来ません。

リースとレンタルとの違い

 レンタルは、賃貸借期間が短く(時間、日、月単位の通常1年以内)、賃借人が不特定多数であり、汎用性のある特定の物件をレンタル会社が多数保有し、賃貸している業務でリースと区別されます。

リースの契約手続き

  • 1 物件の選定 お客様が購入を希望される機械設備をメーカー(ディーラー)と直接、機種・仕様・価格・納期など折衝していただきます。
  • 2 リース引合 物件機種・仕様・価格・納期などをメーカー(ディーラー)と決められましたら、リースのお申し込みをいただきます。
  • 3 説明・お見積 リースの申し込みに対し、当社でリース料を試算し、お見積書をご提供いたします。
  • 4 お申込 リースのお申込時には決算書類(2期分)をご提出いただきます。
  • 5 審査 ご提出いただきました書類に基づき、当社で審査を行います。
  • 6 リース契約 当社で作成した契約書2通に双方が押捺し契約を締結し、双方で契約書を保管します。
  • 7 物件発注 当社がメーカー(ディーラー)と売買契約を締結し、物件の発注を行います。
  • 8 物件納入 メーカー(ディーラー)から直接お客さま指定の場所に物件が納入されます。
  • 9 物件の検収・リース開始 お客様が納入された物件を検査・試運転・テストなどして検収を行い、終了次第、物件の借受証を当社にご提出いただくと共に、第1回リース料を現金でお支払いいただきリース契約がスタートします。
  • 10 物件の代金支払い リース契約がスタートした後、メーカー(ディーラー)に物件代金を当社から支払います。